スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もず(線画)

2009年02月27日 16:10


      もず


もずって鳥がいたよね。
本物の姿はこんなじゃない気がするけど
私のイメージではこいつの名前は「もず」です、MOZU。


そういえば今日、雪が降ってる中スーツで帰宅してたら
気づかぬうちに水たまりに足をつっこんでバシャア!!って蹴散らしてた。
ものすごい勢いで水が飛び散っていったよ。足に。
勿論びしょぬれ、つめたい。
びっくりした(自分のどんくささに)
でも近くにおじさんがいたので何ともないふりして歩いてやった!
スポンサーサイト

すずめ(線画)

2009年02月27日 15:15




      すずめ



…昨日までポートフォリオ(作品ファイル)を作ってました。
企業に見せるために。

ぎりぎりに終わったよ、
毎日やってるのにちっとも進まなくて編集って大変だなーと思った。
ちょっと楽しかったけど。
でも終わってほんと良かった!
これで一段落。
ためてたESというやつに取りかかる。
しかし疲れるな。


ポートフォリオ作ってる時に過去の作品を引っ張りだして来た。
これは線画という名前で正しいのかな?
1年の時に100ドロ(視デが最初にくれる恐怖の洗礼)で描いた。
これは違うと言われてショックを受けた当時。
結構気に入ってたなー。
今見るとさりげなくうまいものもあって驚いた。
入学当時はデッサン力まだあったんだ!という感想。


模様のところ以外は一筆描きでやってたと思う。
とりあえず一筆でできるとこまで描いて
できるだけペンを紙から離さないようにしてた。
多分もう描けない、、描きたかったら練習せねば…

これはすずめを見て描いた。

「天狗の花嫁」

2009年02月18日 12:00

天狗の花嫁


やっとのせた…

これは日本です。
平安とか江戸とか、そういう時代にいた
”闇に潜むものたち”っていいよなーと思って描きました。
日本が昔から持ってる空気っぽくて好きです。
遠野物語とかはまったなー。天狗とか河童の伝承が載ってるの。


左下にいるのは花嫁となる村娘。
変わり者で評判、天狗に取り付かれたという噂でもちきりの娘。
今夜は白無垢のつもりで白い服を着ている。
真夜中にこっそり、村人に見つからないようにして出て来た。

花嫁



鳥居の中にあるのは杉の木。
天狗の腰かけ杉と呼ばれているうちの1本。

一度、鳥居をくぐって天狗界に入ると
二度とこの世には戻って来れない。

鳥居



それを承知で花嫁になるのだからやはり変わった娘だったのかもしれない。

この日を境に娘は姿を消した。


ただ時折、遠くに白い着物の裾をなびかせた娘と、
赤い顔をした大男が戯れているのを見た人がいたという。

見ても声をかけてはいけない。
2人の邪魔をすると数日後、四肢を引き裂かれてばらばらにされるらしい。


************************************

ちなみに…
天狗は山伏の格好をしてるらしい。
しかも若くてきれいな男の子が好みでよくかっさらうんだとか。
ここじゃ花嫁もらってるけど!!

からすてんぐ

大天狗(鼻が長い)の他にからす天狗もいる。
からす天狗はくちばしがついてる。
大天狗の方がエライ。

未来惑星

2009年02月14日 12:01

   travelEarth

ずっと育てていた未来惑星の”travelEarth”が完成しました。
もうこれ以上は育たないそうなのでまた新しい惑星を育てることに。


虹が出てクジラもいて、立派なほしになりました。
かわいい。

パレード引き継ぎ

2009年02月12日 21:21

     花畑

これ全部てづくりのおはな。お花畑。
半分以上わたしがつくった花です!笑

今日は芸術祭に活動していたパレード部の引き継ぎをしました。
後輩たちはよい子ばっかりで、来年も楽しみです。


そこで許可を取ったのでえりーんことEriyのブログをリンクにつけました。
下のリンクからとべるけどここにものっけとこ。

COCOT
http://yaplog.jp/eriy_cafe/
かわいいイラストいっぱいだよ。

もうしばらくしたら日本のイラストをのっけます。

さーて、これから
就活にも負けず、不景気にも負けず、
周りに流されず焦る気持ちにも負けぬ
丈夫な心を、もってゆきたいですね。

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を見てこれすごい良いなーと思ったのでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。